当サイトをご利用になるためには、Javascript対応のブラウザが必要です。また、設定でJavascriptを有効にする必要があります。

イベントレポート

バイラ×エクラ、名古屋で
ファッションイベントを共催

去る3月3日、名古屋ミッドランドスクエア アトリウム イベントスペースにて、「ミッドランドスクエア×エクラ×バイラ ファッション&トークショー」が行われました。実は、バイラとエクラの組み合わせは初の試み。

第1部ではファッションショー+エクラ表紙モデル富岡佳子さん・長内編集長のトークショー、第2部はファッションショー+バイラ表紙モデル絵美里さん・岡野編集長のトークショーが行われ、3階フロアまで立ち見が出るほど大盛況でした。
その様子は、ミッドランドスクエアの公式ブログからもご覧いただけます。

この取り組みは、バイラとエクラ両誌面でそれぞれタイアップ、そのコーディネートをそのままイベントのショーでモデルが着用し、そのアイテムをミッドランドスクエア各店舗で販売するというもの。さらに両誌のタイアップページを合本して増し刷りにし、当日ミニブックとして配布いたしました。来場のお客さまはそのミニブックを手に、ショッピングクルーズを楽しめるというわけです。


エクラ2019年3月号の誌面より

「実は、この日のファッションショーには初の試みが2つありました。ひとつはブランドごとのコーディネートではなく、エクラらしい、そしてバイラらしいミックスコーデにしたこと。これは、両誌のタイアップをどちらも、人気スタイリスト村山佳世子さんにお願いできたことで実現しました。全体的に整合性がとれた、それぞれのコーディネートをつくっていただけたと思います。もうひとつは、エクラモデル、バイラモデルが交互に登場するという演出。名古屋らしい姉妹のような若々しい母娘をイメージしたショーの構成になりました」(エクラ鵜戸副編集長)


バイラ2019年3月号の誌面より

「駅ビルや百貨店のタイアップは通常、ブランドが複数にわたり、決まったスタイルを押し出しにくいということがありますが、今回はスタイリストの村山さんと『女子会スタイル』というテーマでコーディネートしました。エクラの誌面と合本にしても違和感のない、バランスのとれたコーデだったと思います」(バイラ内海編集部員)

名古屋には、一緒に買い物にいく姉妹のような仲良しの母娘文化があり、そのような視点でのタイアップは面白い、と各編集部も前向きに取り組みました。各世代の媒体が揃う集英社は、いろいろな組み合わせが可能で、新しいタイアップ企画が提案できます。ぜひご相談ください。


媒体資料ほかバイラの最新情報はこちら
エクラの最新情報はこちら


■こちらもおすすめ
【イベントレポート】マリソル×エクラ合同企画「大人女子の美容合宿」大好評!

集英社ホームページ

[お問い合せ] 集英社・広告部

  • メディアプロモーション第1課・第2課 Tel.03-3230-6201
  • メディアプランニング課 Tel.03-3230-6202
  • デジタルプロデュース課 Tel.03-3230-6202

Fax.03-3221-7167(共通)

広告に関するお問い合わせはこちら >

AD NAVIメールマガジン購読ご希望の方はこちら >