2021年はBAILA
20周年イヤー。
今年のバイラの心意気

いつも大変お世話になっております。BAILA編集長の湯田桂子です。編集長に就任して1年半、その間、コロナ禍が世界を襲い、私たちの価値観やライフスタイルは一変しました。そんな中、「今雑誌に求められるものとは?」 を真剣に考え、その答えを出すべく、今年BAILAは20周年イヤーを迎えます。

20周年イヤーはどれだけ新しいチャレンジができるか。「迷ったら新しい方」、を選択するつもりです。今女優として波に乗る、BAILAミューズ中村アンさんを中心に、1月号から桐谷美玲さんが復帰、2月号は大政絢さんが初のカバーを飾り、3月号には山本美月さんが誌面に登場。その後も続々、新たなスターモデルが控えています。またBAILAファッションをリアルに体験してもらうエアクローゼット様との「似合うワードローブ」コラボ、創刊月である5月には、連載陣を中心に、BAILA初の有料のオンラインイベントを開催予定です。

働く30代女性であるBAILA読者に、ヒアリングを重ねてわかったことは、「おしゃれも美容も、それ自体が日々のモチベーション」になっているということ。一進一退の状況ではありますが、「人と会うことが貴重なイベントになった。だから好きな服、好きなメイクで、一番好きな自分でいたい」という読者の言葉にははっとさせられました。今なぜBAILAを読んでくれているのか、の答えも単純で「BAILAを読むと気持ちが上がるから」。こんな時代だからこそ、雑誌は読む人のHAPPYを応援する存在でなければならない、と改めて思った瞬間です。

1月より、20周年記念企画として、『働く30代に幸せをくれるもの BAILA20周年HAPPYプロジェクト』を始めます。1「ファッション」、2「美容」、3「ライフスタイル」、4 「婚活」、5「推し活」、6「SDGs」、30代の関心のある6つのジャンルを深堀りし、読み応えのあるアクティブな記事を展開、読む人にパワーチャージしてもらえたらと思っています。もちろんデジタルも同様です。@BAILA、公式SNSのバイラ発信の情報は、全て「働く30代に幸せをくれるもの」目線で。また、自慢の読者ブロガー組織「スーパーバイラ―ズ」66名から、ファッション、ビューティ、マネーの達人たちを選抜、パワフルな発信を行って参ります。さらに新たな取り組みとして、30代女性誌初の公式「TikTok」をスタート。30代の隠れユーザーにBAILAファンを作ります。

そして特に、力を入れていきたいのが「ビューティ」です。「ファッションのBAILA」は引き続きですが、マキアで5年編集長を務めた私にとって、美容は特に思い入れのあるジャンルです。ターゲットは「普通以上、マニア以下」。美容は好きだけどそこまで知識はない、しかし初期老化の現実に直面する30代のために、美容の深さ、面白さを大ボリュームで提案します。

おかげ様でこの状況下でもBAILAは、2020年9月~12月発売の実売合計前年比105.3%、11月に実施したベストコスメのロゴ使用発注金額は、前年同期比618%、@BAILAは200万目前までユーザー数を伸ばし、デジタルオーディエンス数は30代女性ファッション誌ナンバー1を独走中、幅広い読者、ユーザーにリーチしています。

BAILAにとって2021年は特別な年。雑誌発の情報に、情報以上のHAPPYを求める読者に、全ジャンル、全力で応えていきます。20周年を迎える新しいBAILAをどうかご支援ください。

編集長 湯田桂子

*  *  *

創刊20周年広告特別企画を昨年末にリリースしました。注目はBAILAならではの豪華モデル、スタッフを起用できるキャスティング力と、読者からの信頼も厚いビューティ企画の一層の充実です。

(左)桐谷美玲さん(右)有村実樹さん

「桐谷美玲 確約プラン」は、大人気、桐谷美玲さんの起用を確約のうえ、@BAILAへの転載に加え、1カットの二次使用が込みとなっているお得なプラン。また、誌面で活躍中の美容研究家、「有村実樹」さんをタイアップ起用できるプランも。こちらも@BAILA転載が込みになっています。

さらに巻頭で好評連載中のヘア&メイクアップアーティスト河北裕介さんと、スタイリスト 百々千晴さんを起用した「服とメイクのBEST ANSWER」のコラボ企画も目玉です。こちらはWEB転載に加え、2人の解説動画もパッケージとなっています。

その他の広告企画も、「周年」ならではの特別感のあるお得なプランが揃っています。ぜひ、詳細をチェックしてください。

創刊20周年特別企画はこちら>>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!