インスタライブで「リアル」
を伝える! ファッション
好きに刺さるコンテンツ作り

タイアップでインスタライブ配信を希望されるクライアント様が増えています。@BAILAでもこの秋、「インスタライブ配信タイアッププラン」をリリースしました。

バイラ11月号本誌で8ページのタイアップを実施したPLST(プラステ)様とは、計4回のインスタライブを実施。こちらはクライアント様のSNSでも同時配信され、より多くのユーザーに視聴され、大きな反響となりました。

中村アンさんを起用した11月号誌面

「インスタライブは、それぞれの回ごとにテーマを設定。たとえば1回目なら『身長の異なるスーパーバイラーズにパンツを試してもらい、着用感を述べてもらうなど、クライアント様の希望を聞きながら、内容を決めていきました。また、本誌タイアップページ、編集ページで掲載されている商品もインスタライブ内で紹介したい、というリクエストもいただきましたので、編集部で台本を作成し、フィードバックをいただきながら準備をしました。着用する人の身長やサイズを逐一伝えるようにしたり、ユーザーの質問に答える時間を多く設けたりと、毎回細かい工夫を重ねながら配信しています」(バイラ内海編集主任)

ライブ配信の模様はこちらから>>

インスタライブのMCは“プロ”に依頼せず、編集部が担当しており、その点で親しみやすさがあると好評です。各編集者のキャラクターも出ており、それがバイラの色となっています。

「回を重ねるたびにリアルタイムでの総視聴数が増えています。IGTVへ格納した動画再生数も比例して増えていき、バイラの過去のインスタライブの中で比較してもかなりいい数字を記録しています。また、@BAILAへの本誌転載記事もPV、CTRとも数字が出ており、いい連動になっています」(@BAILAプロデューサー花岡)

インスタライブが好評である理由のひとつに、おしゃれインフルエンサー集団であるスーパーバイラーズの起用があります。パンツを着用して、そのはき心地など自分の言葉でコメントするため、ユーザー目線のリアルな感想は説得力があります。商品の良さがダイレクトに伝わる、ライブ配信ならではの活用の仕方です。

「スーパーバイラーズにはライブ前に時間を設けて、何を話すか、考えてもらう時間を設けました。その人らしいコメントだと判断したら『ぜひ、それ言ってください!』と伝えたり、他の人と感想がかぶらないように調整もしました。とはいえ、話す内容を決め過ぎてしまうと逆につまらなくなってしまうので、基本的には本人の言葉で話していただくようにしています」(内海)

30前後をメインとするバイラ読者はまさにインスタ世代。おしゃれ感度の高いユーザーに、リアルなコーディネートテーマは非常に人気です。インスタライブ等、生の声を伝えられるライブ配信企画を、ぜひご検討ください。

バイラ媒体資料、ほか最新情報はこちら

■こちらの記事もおすすめ>>
表紙クオリティのサムネイルでユーザーの心を鷲づかみ!大反響のジュエリーTU

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

BAILA

美容エディターが構成、
撮影、モデルも務める!
「ほしくなる」見せ方とは

BAILA タイアップ事例 ビューティ
BAILA

バイラ読者は「家事を
手放す世代」。便利家電の
「ほしい!」が止まらない

BAILA インフルエンサー・読者組織 タイアップ事例
BAILA

滞在時間1分超!UGGの
ブーツをサイト上でより
魅力的に見せる工夫とは?

BAILA タイアップ事例 ファッション

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。