集英社の強み

コンテンツを制作し、それを届けるにあたり、
出版社だからできること、 そして集英社ならではの強みは何なのか、
特長を4つにまとめました。

集英社ブランドのオーディエンス

928万部

定期刊行物 月間総発行部数

集英社全雑誌
一般社団法人日本雑誌協会2020年4~6月公表数

2,194万UU

月間ユニークユーザー数

ファッション誌・ライフスタイル誌
一般社団法人ABC協会2020年4~6月公表数

1,899万人

公式SNS総フォロワー数

ファッション誌・ライフスタイル誌
Twitter,Facebook,Instagram,LINE (出典はUUと同じ)

コンテンツを制作し、それを届けるにあたり、
出版社だからできること、 そして集英社ならではの強みは何なのか、
特長を4つにまとめました。

集英社が持つ4つの力

1

コミュニティ到達力

編集者が日々行っている雑誌づくりは、まさにファンベースマーケティングにつながるもので、ターゲットを知り尽くしているからこそ、コミュニティに情報を深く届けることが可能です。また、読者インサイトを活用したコラボ商品企画からイベントまで、その施策は多岐にわたります。

2

心を動かすコンテンツ力

デジタル時代においても、心を動かすのは「言葉のチカラ」や「ストーリー性」であり、雑誌編集で培ってきた「コンテンツ力」には高い評価をいただいています。そして、その制作の幅は、動画、SNS拡張施策、オウンドメディアへのコンテンツ提供など、大きく広がっています。

3

世の中への発信力

雑誌ブランドだからこそ、人気タレントやモデルなど、魅力的なキャスティングが可能です。また、いち早く新進のアーティストを起用するなど、「目利き力」も駆使してコンテンツをユーザーに発信。誌面、WEB、SNS、オフラインほか、適切な手段で届けます。

4

プレミアムネットワーク力

デジタル広告のクオリティとターゲティングの精度向上が求められる中、「集英社DMP」の整備に力を入れています。オーディエンスデータを効率的に活用し、また、サードパーティデータとも掛け合わせることで、様々な連携ソリューションも可能になります。