集英社も参加します。
コンテンツメディア
コンソーシアム

出版社、新聞社、テレビ局など28社、約150媒体が共同して、広告プラットフォーム事業をするという画期的な取り組みが始まり、6月22日にリリースされました。このプラットフォームに集英社も参加しています。

目的は、コンテンツ価値の訴求と広告価値の追求であり、ブランドセーフな体制が確立されたメディアであることを確認する第三者機関の調査も実施して、より安心で信頼できる広告環境をめざしています。

なお、この28社運営媒体のアクティブリーチは、モバイルではインターネット利用者の約半数である46.91%、PCでは28.07%と、多くのメディア接触者をカバーしています。

集英社 田中常務取締役も、事業立ち上げにあたり、リリースでコメントいたしました。

「私たちメディアの仕事は、読者にとって有用な情報、心を動かすコンテンツを『熱量』とともに誠実に伝えること、そう思ってきましたが、これはデジタルに軸足を置いても何ら変わることはありません。今、デジタルの世界において、これまで以上に『質』が問われ、透明性が大事であると考えます。メディアが連携したコンソーシアムの創設が、信頼される健全な広告環境につながることを、心から期待しています」

リリースはこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!