デジタル媒体資料を更新!
好調マキアオンラインが
提案する新広告メニューは?

先日、女性・男性ファッション誌のデジタル媒体資料がリリースされました。各媒体とも編集長のメッセージ、PV、UUやSNSフォロワーなど、メディアパワーを示す数字を更新。さらに広告の新メニュー、おすすめプランを紹介しています。

ここでは今年2度のリニューアルを敢行し、インスタライブメニューをいち早く導入し、成功させるなど、新しい取り組みを続ける『マキアオンライン』をピックアップ。「EC連動」を強化したメニューも充実しています。

「マキアオンラインでは、10月1日に、ジャンル別や目的別、発売日ごとに商品検索ができる新カテゴリ『コスメナビ』をローンチしました。商品購入前の情報収集や、比較検討に役立てていただけるよう、特定のコスメに関する記事やブログにも遷移しやすいサイト構造にリニューアルしています」(マキアオンライン岩崎)

新メニューでご注目いただきたいのは、1週間1社限定配信の『WITH HARAJUKUサイネージ広告プラン』です。ここは今年の5月、東京・原宿にオープンした複合商業施設です。

「WITH HARAJUKUサイネージ広告のメリットは、熱狂的な美容好き層が集まる立地にあると考えています。WITH HARAJUKUには資生堂ビューティ・スクエアが入っており、徒歩数分で@cosme TOKYOも。このエリアは、まさに美容マニアの間で話題のスポットなのです。

この立地に動画を掲載いただくことで、オフラインにも関わらずセグメントされた層(=購買見込みが高い層)へのリーチが可能になります。加えて、ご出稿いただくクライアント様によっては購入可能な店舗が徒歩圏内にあることもメリットの1つだと見ています。製品の認知拡大から、購買までの物理的な距離が近いことで、購買促進に繋がりやすいと考えます」(マキアオンラインプロデューサー中島)

そして、今回はベストコスメ受賞クライアント様限定のECサイト送客プランもご用意いたしました。

「マキアのLINE公式アカウントのお友達数は、美容誌No.1。マキアのSNSの中で最も再訪率が高く、ロイヤリティが高い美容マニア層を囲い込んでいます。そんな熱量のある美容マニアを、クライアント様のECサイトへ直接送客できるのがポイントです」(同)

また、withコロナ環境下で効果的とされるメニューもご用意しています。

「20~30代への認知拡大目的なら、断然インスタライブがおすすめです。自社ECへの送客目的ならば、動画パッケージプラン。SNSでリーチを拡大し、タイアップ記事で製品への理解を深めていただき、ECサイトへ誘導。高CTRが見込めます。

低価格帯の新製品ローンチの場合は、タッチポイントの多さ重視の座組みがよいと思います。まずは発売日前に公式ブロガーにサンプリングし、次に発売日前後にインスタライブで瞬間的に数千人規模にリーチ(MAQUIA公式『インスタライブ』配信タイアップ)します。そして Webタイアップで製品理解を促し、ECサイトへ送客します。

マキアオンラインは4月のリニューアルで、テンプレートタイアップのUIを刷新。その結果CTRが改善し、クリック数が約5.8倍に伸びています」(中島)

最後に、2021春夏広告企画も併せてご紹介。マキア本誌5月号(3/22売予定)のタイアップを再編集し、朝日新聞折込で配布する『春のタブロイド企画』を実施いたします。20万部配布となる大好評企画。幅広い層にリーチできる絶好の機会です!

マキア以外の各メディアも媒体資料、広告企画とも更新されていますので、チェックしてください。

マキアオンライン デジタル媒体資料はこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!