大学生の支持率No.1
メディア、ノンノが快進撃!
その好調の要因は?

昨年7月から12月まで、実売前年比125%と好調に推移しているノンノ。引き続き、本誌の売り上げは順調で、おかげさまで完売となる号も続いています。またノンノWEBも1月に最高UU数を記録し、本誌&デジタルともに伸長しています。

4月号表紙

好調の要因は、何より編集部が読者・Z世代の生の声を聞き続け、誌面に反映しているから。読者に寄り添った企画がヒットし続け、数字に表れています。

コロナの影響で読者と直接会える機会は減りましたが、編集部はLINEやSNSを駆使してアンケートを頻繁に実施。また、最低でも月2回は複数の読者に近況を聞くインタビューを行っており、常に生の声を拾っています。

「昨年12月にはノンノ公式ツイッターとインスタグラムにて、3月号の表紙(馬場ふみかさん)を2種類のレイアウトから読者に選んでもらうという『SNS投票』を試みました。こちらは投票期間がたったの24時間しかなかったにも関わらず約4万もの票を集め、SNS上で大いに盛り上がりを見せました。ノンノが読者を徹底的に研究したうえで送り出す誌面や仕掛けが、読者に深く刺さっていることがわかります」(ノンノ俵編集長)

また、昨年10月から毎月発売日に合わせてノンノ公式インスタグラムでライブ配信を行っており、専属モデルが登場して撮影の裏側やお気に入りのアイテムについての話を聞けるインスタライブが大ヒット。モデルたちが視聴者のコメントに反応してくれるということもあり、毎回大好評です。3月中旬のWEB媒体資料更新の際に、ノンノでも新たにインスタグラムライブメニューを新設いたしますので、ぜひご確認ください。

読者の憧れ、ノンノモデルに関しては、昨年、乃木坂46の遠藤さくらさんが専属モデルに加入。さらにセブンティーン専属モデル時代に絶大な人気を誇った横田真悠さんと紺野彩夏さんもノンノ専属モデルに加入いたしました。

ノンノ読者は入学、進学、成人式、就活など数々のライフイベントがあり、ブランドファン育成世代です。50周年を迎えた2021年は、「みんな、はじめてはノンノでした。」をキャッチコピーにブランドエントリー層に向けての記事を今まで以上に発信していきます。「若いファンを増やしたい」「Z世代にアプローチしたい」。そんな時はぜひノンノにご相談ください。

ノンノ媒体資料、ほか最新情報はこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!