マキアとメンズノンノが
再びコラボ! 「シェア美容」
協賛企画をリリース

今春、マキアとメンズノンノ、初の2誌コラボ広告企画第1弾として実施された「ジェンダーレス美容特集」がおかげさまで大反響をいただきました。これを受けてコラボ企画第2弾、美容をもっと自由に楽しみ、共有することを応援する『シェア美容特集』を実施いたします。

第1弾では本誌やWEBの記事、インスタライブに対して、多数の読者やユーザーの声が両編集部に届きましたが、やはり「ジェンダーレス美容(シェア美容)」は美容市場における重要なマーケットであることが改めて示されました。

「6月号で実施した『ジェンダーレス美容』特集の反響はとても大きかったです。たとえば『ボディ保湿は性別関係なく使いやすい商品が今はこんなにあるのだと驚きました。香りが伴う製品は女性に視点が当てられた商品が多い印象がありましたが、男性にも手に取りやすい製品があることに好印象です』、『美容ギアの共有はとても参考になりました。色々試してみたいけど自分ひとりで使うのはちょっと贅沢で……と購入を躊躇していましたが、夫婦で共有できるなら堂々と購入できそうです』など、既にパートナーと美容をシェアしている人にも、『シェアしてみたいけれど、何を選べば?』と考えている人にも刺さる内容となったようです。新しい価値観や、新たな美容を選ぶきっかけを作ることができたと思います」(マキアブランド統括/マキアオンライン編集長・伊藤かおり)

「2021年にメンズ美容のマーケットが急速に拡大し、それとともに『シェア美容』も浸透してきました。数年前からファッションでも『シェア』のトレンドが広まっていたこともあり、メンズノンノ読者の興味が高まっていたと思います」(メンズノンノブランド統括/メンズノンノ編集長・根岸英行)

またタイアップ記事も好評で、シェア美容は読者、ユーザーに好意的に受け取られていることがわかります。マキアではイプサ様の「ザ・タイムRアクア」を扱ったインスタライブを実施した際、メンズノンノモデルと共演。それを見て、伊藤編集長も大きな手ごたえを感じたそう。

「2誌を代表する美容好きの2人(千葉由佳さん/守屋光治さん)のざっくばらんなスキンケア談義も盛り上がり、『ジェンダーレス美容』『シェア美容』を可視化できたと思いますし、総視聴者数の多さも関心の高さを物語っています」(伊藤)

「誌面作りでは分かりやすさを心がけ、男性と女性それぞれのおすすめポイントをメーカーのご担当者様に取材しました。また、タイアップでは使い方やシェアするシーンがイメージできるようなビジュアルで読者にアプローチしたのも好評でした」と根岸編集長も好感触を得た様子。

美容専門誌のマキアと男性美容を牽引しているメンズノンノがタッグを組み、「最新の美容」を誌面、デジタル、SNSと立体的に展開するクロスメディア企画ができるのは、やはり集英社の強みです。マキアの伊藤編集長は「ボーダレスな美容の可能性を探っていきたい」と意欲を見せ、根岸編集長は「シェア美容も『新世紀』を迎えたと感じています。男性も女性も、特別なことではなく当たり前のように同じコスメを選んで使うフェーズになってきているのだと思います」と話します。ぜひ協賛企画のリリースをご覧ください。

MAQUIA×MEN’S NON-NO『シェア美容特集』協賛企画リリースはこちら>

ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、下記までお問い合わせください。

03-3230-6202