ポストクッキーへの一手
広告サービス「Trig’s」を
メディアとして初めて導入

集英社は2022年6月より、株式会社ソケッツが開発したクッキーレス感性ターゲティング広告サービス「Trig’s」を、メディアとして初めて導入いたしました。「Trig’s」は、クッキーを利用することなく、インターネットメディアを通じて情報に接している人の感性や感情をAIで推測して関連情報や関連広告を表示するという、先進的なサービスです。

ポストクッキー時代への対応が急務となっている昨今、クッキーに依存せず、ユーザーに適切にコンテンツを届ける方法は様々に検討されています。弊社でも、これに応えるサービスを検討してまいりました。

「Trig’s」の導入により、ユーザーが触れているコンテンツに含まれる感性や感情を独自に解釈し、それをベースに、寄り添ったコンテンツや広告を届けるという手法で、ユーザー体験を大きく高めることができます。また、感性や感情でターゲティングを行うことで、新しい情報や広告に出会うセレンディピティを生み出すことも可能になります。

3月より、弊社のメディアにおいて、ソケッツと協力し、ファッション、化粧品、食品など10社の企業が参加するオープントライアルを実施しましたが、VCTRほかの各種指標、およびNPSなどの定性調査において高評価を得ました。ユーザーの興味関心を喚起し、態度変容を促すというメディアが担う役割にとって、この感性ターゲティングは非常に効果的であることから、集英社のwebメディア(以下9媒体)で正式に導入を開始いたしました。今後は、さらに多くの媒体に導入することで、媒体を横断した取り組みなど、ユーザーを起点としたマーケティングを一層強化していく予定です。

【導入媒体】
「non-no web」「MORE」「@BAILA」「LEE web」「Marisol」「Web éclat」「SPUR.JP」
「MAQUIA ONLINE」「HAPPY PLUS」
※今後、集英社の他の媒体も追加導入を予定しております。

ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、下記までお問い合わせください。

03-3230-6202