バイラとUOMOで、タクシー内
モニターでの動画広告配信が可能に

タクシーに乗車すると、車内のモニターで動画広告を目にする機会が増えています。いま、この「モビリティメディア」の注目度が増しています。

この度、バイラとUOMOでは、都内の大手タクシー会社5社、11,000台にモニターを設置している東京最大のモビリティメディアのTHE TOKYO TAXI VISION GROWTH と組んで、動画広告を配信することができるようになりました。

GROWTHのユーザー属性を見ると、男女割合は大きく変わらないので、性別にとらわれず、アプローチ可能です。また、利用者のボリュームゾーンは30歳以上で、80%以上の方が都内で活躍する経営者・会社員です。月に11回以上タクシーを利用する層が約30%にもなり、のべ月間750 万人以上の都内タクシーユーザーへ訴求ができます。さらに、プライベート空間での対面・音声有りの映像体験であるため、効率よく広告認知を高めることができるのです。

このようにバイラとUOMOの読者と大きく重なり、高い広告効果が期待できます。

こちらは@バイラ、WEB UOMOで動画制作を絡めたタイアップを実施いただいたクライアント様に限り、編集部が企画・制作をしたクリエイティブをGROWTHで配信可能となります。

モビリティメディアに興味がある方は、気軽に広告部へお問い合わせください。

広告メニューの詳細はこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!