大人気“りんくま”と
CANMAKE が合体!
ST本誌と動画の連動企画

セブンティーン5月号で、井田ラボラトリーズ様のコスメブランド、CANMAKEの表4(裏表紙)からの逆読みタイアップ(全5ページ)を実施しました。今回は最近、写真集も発売し、圧倒的な読者人気を誇る人気モデルりんくまこと、久間田琳加さんをキャスティングし、インパクトある誌面となりました。

「久間田さんはふわふわとしたガーリーなビジュアルと親しみやすい笑顔、美意識の高さで、女のコが憧れる女のコ。読者からも熱く支持されています。今回の誌面は、上品で大人っぽく、ガーリーなCANMAKEの魅力が伝わるような写真になっています。中面の2ページは新作紹介、残りの2ページは井田ラボラトリーズ様のご希望で編集ページのような仕立てにこだわりました」(セブンティーン北村編集主任)

右ページのメイクがアンケートで断トツ1位に

CANMAKEはセブンティーン読者に人気で、愛用者も多いブランドです。

「読者だけでなく、専属モデルからも大人気のメイクブランドです。既存の商品を使ったトレンドメイク提案やモデルたちのリアルな愛用品などを紹介することで、記事としても大変読みごたえのある特集になったと思います」(同)

ちなみに先日、直近半年分の誌面から、“好きなメイク”を選んでもらう読者アンケートを行ったところ、今回のタイアップで掲載されたメイクが断トツ1位を記録しました。いかに読者に興味を持ってもらえたかがわかります。

「好きなコスメブランドでは常に1位のCANMAKEですが、メイクが好きな高校生だけでなく、初めてコスメを買う中学生にも人気です。今回のタイアップのような記事で、エントリー層も掴むことができたと思います」(同)

また、今回は同時に久間田さんを起用して動画を製作し、公式アプリST ChannelやSNSに掲載しました。撮影中のリアルな表情を生かし、商品を実際に使ってもらったハウツー動画となっており、こちらも大きな反響がありました。

「ハウツーのプロセスはポイントにしぼってわかりやすく工夫しました。いわゆる普通の商品紹介にならないように、撮影中のオフショットや久間田さんの言い間違いをあえてそのまま編集してもらい、久間田さんの親近感も表現してもらったのもよかったと思います」(同)

このように、セブンティーンには10代に強く支持されている専属モデルが多数おり、タイアップにもキャスティングが可能です。動画のプロデュースも編集部が行っており、ユーザーに響くものを製作できます。加えて、発信力のある読者が多いのも強みで、彼女たちが「好き!」と思ったものは、SNSや口コミでどんどん拡散していきます。ティーンに商品をPRしたい時は、セブンティーンにお気軽にお声かけください。

セブンティーンの最新媒体資料はこちら>

■こちらの記事もおすすめ>
4種のサンプル付録大好評。2号連続掲載でインパクトが増大。コパトーンのTU記事

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

Seventeen

SNS投稿、テレビ出演…
STモデルが本気で応援!
大会の認知拡大に貢献

Seventeen ST MODELS イベントレポート
Seventeen

セブンティーンがSNSを
駆使して、 「ウインター
カップ2020」を応援!

Seventeen ST MODELS タイアップ事例
Seventeen

家電のデザインをJK仕様に!?
セブンティーンが
ヘアアイロンなど商品開発

Seventeen ST MODELS タイアップ事例

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。