年3回の好評タイアップ
女子高生の圧倒的支持を得る
セブンティーンの誌面作り

セブンティーン11月号で実施されたバービー(ソニー・クリエイティブプロダクツ様)のタイアップ。読者人気が高く、年に3回出稿いただいております。

「“バービー”というとバービードールのイメージが強く、最初は読者も『小学生向けのキャラクター?』というイメージだったようですが、バービーコラボ商品の定期的なタイアップにより、読者人気も上昇。『セブンティーンによく載っている』というイメージが浸透し、女子高生の興味関心が高くなってきました」(セブンティーン角田編集主任)

セブンティーン11月号誌面

まさに誌面でブランディングを行い、エンゲージメントを高めた好例と言えます。女子高生のハートを掴む編集手法、誌面作りも大きなポイントです。

「切り抜き写真を多用して楽しくにぎやかな誌面にしています。前回のテーマがヘアアレンジで今回は美容アイテムだったので、前回と異なり、新鮮なイメージになるようにモデルカットを背景活かしのザク切りに。このように細かく見せ方を変えていくのも重要です。そして、バービーの世界観をくずさないよう、かつおしゃれな雰囲気になるように背景の色をセレクトしました。通常、バービーのタイアップはポップな色彩で撮影することが多いのですが、今回は新しい試みでふわっとしたライティングで撮影。ファンデーションをつけたモデルが、とにかくかわいく見えるようにこだわりました」(同)

モデルは読者人気の高い雑賀(さいが)サクラさんを起用。STモデルは女子高生の憧れです。

「雑賀さんをはじめ、モデルが商材を持ったり、着るだけで本当によりステキなものに見えるのはすごいと思います。モデルが大好き! モデルに近づきたい! 同じものを手にしたい!と思うのがセブンティーン読者の思いです。最近は特に『推し活』ブームの中、STモデルの熱狂的なファンも増えています。特定のモデルを起用するのもよいと思いますが、ソニークリエイティブ様の場合は毎回違うモデルをリクエストいただき、その点も多くの読者が関心を寄せている理由だと見ています」(同)

セブンティーン読者は、編集記事とタイアップ記事を区分せず読んでいるのも特徴のひとつです。

「女子高生は、とにかく流行しているものが大好きです。誌面にたくさん出ているものが好きという傾向もあります。『流行しているもの』と認知すると、購買につながります。バービーはその好例で、定期的に出稿いただいていることと、タイアップを意識させない構成によって、彼女たちにもだいぶ浸透していると思います。さらに、セブンティーンには女優やアイドルとして活躍しているSTモデルが多数在籍しています。彼女たちが商品を紹介することは、大きな影響力と説得力につながっていると思います」(同)

女子高生の「今」を知り尽くしているセブンティーン編集部は、一緒にブームを作り出せます。女子高生ターゲットの商材については、ぜひご相談ください。

セブンティーンの媒体資料、ほか最新情報はこちら

■こちらの記事もおすすめ>>
Myojoの大躍進を牽引した小林編集長がセブンティーンを大変身させます!

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

Seventeen

セブンティーンがSNSを
駆使して、 「ウインター
カップ2020」を応援!

Seventeen ST MODELS タイアップ事例
Seventeen

家電のデザインをJK仕様に!?
セブンティーンが
ヘアアイロンなど商品開発

Seventeen ST MODELS タイアップ事例
Seventeen

大人気“りんくま”と
CANMAKE が合体!
ST本誌と動画の連動企画

Seventeen ST MODELS タイアップ事例

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。