83店舗で「おそとごはん」のコラボ企画! cooking LEE

LEE5月号で実施した、10ページのcooking LEE企画。「ベランダでも庭でも おそとごはんは楽しい」というタイトルで、気軽にピクニック気分を味わおうという提案が、読者に大変好評でした。
このタイアップは、誌面のみではなく、ウェブ転載、動画、本誌増し刷りに加え、212 KITCHEN STORE様の全国83店舗で店頭キャンペーン平台展開をするという、これまでにない非常に多角的な面白いお取組みとなりました。

「実は、このcooking LEEは企画構想から実現するまでに、1年近くかかっているんです。企画の段階から、店頭のキャンペーン平台も決まっていましたので、LEE読者はもちろん、お店の前を通りかかった方にも目をひく企画は何か、と考え、そこで出てきたのが“おそとごはん”というキーワードでした」と話すのは、畑江LEE副編集長。

 「ある程度キッチンツールや器がそろっている読者でも、新たに欲しい!と思うようなアイテムをうまく提案したい。キャンプとまでいかなくても、ちょっとお庭にシートを引いたり、ベランダにテーブルを出して“おそとごはん”にすれば、凝ったお料理じゃなくてもピクニック気分で楽しいよね!と」

アウトドア好きの料理研究家とスタイリストおふたりにご協力いただき、ツールとレシピを一緒に提案。アウトドア要素が入ると、普段なかなか手を出さないカラフルな食器やツールもうまくハマリ、これは欲しくなる!というわけです。

「おしゃれなホットプレートやホットサンドメーカーなど 大きいものから、スムージーのボトルや水筒、そのまま食卓に出せる耐熱ウェアなどが登場し、マンネリ化するおうちごはんに悩む読者にも響く、楽しい誌面になりました。 編集テーマ4ページとタイアップ2P×3本を増し刷りした小冊子は、早々になくなるところもあったそうで嬉しかったです」

 

LEEの読者モニターからも下記のような感想が。実際に店舗に訪れた読者からの声もありました。

  • ●キルトの焼き目が本当にキュートですね!電動の調理器具は、作る時は楽ちんでも、後片付けやお手入れが面倒なのではという考えがあったのですが、「どちらもシンプルな構造でお手入れ簡単」というコメントでポイントがアップ。こんなにかわいいホットサンドが朝から目の前に並んだら、1日のテンションも上がりますよね。
  • ●LEEとのコラボフェア開催という記事を拝見して、福岡の天神のショップを訪れました。キッチンウェアは機能性を手にとって確かめたいのでLEEで紹介された商品を実際にお店に行って手に取れるのは嬉しいです。212 KITCEN STOREさんの商品は、見出しの通り、美しくて機能的にも計算されていることが手に取ってみてよくわかりました。
  • ●どの商品も以前から気になっていたもので、今回の広告で使い方やレシピの提案がなされていて、ますます欲しくなりました。「ガラスボウル」はラップがいらず、そのまま食卓に出せるというのが魅力的で、ホットサラダを定番の1品にできたらいいなぁと思えました。また、「オーブンディッシュ」は初めて知ったのですが、紹介されていたカタラーナというお菓子がとても美味しそうで、作ってみたくなりました。「このレシピを作りたいから、この調理器具を買ってみよう」という思考パターンで購入を決める人が多いと思うので、その点でもいい広告だなと感じました。

 

今回は、誌面撮影と同時に動画も制作。編集テーマ「おそとごはん」の動画に加えて、レコルト様のプレスサンドメーカーのタイアップ動画も店頭モニターで流し、合わせてLEEウェブサイトでも配信しました。店頭で動画を見て、足を止めるお客様がとても多かった、と高評価をいただくことができました。

本誌、店頭、オンラインを巻き込んだこのような多角的な展開も、これからますます可能性が広がりそうです。

LEE創刊35周年全国ツアー企画はこちら >

LEEweb 媒体資料 >

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

LEE

結成13年目のLEE100人隊
パーティのサンプリングが
翌朝「映える写真」に!

LEE LEE100人隊  インフルエンサー・読者組織
LEE

蛯原友里さんトークショーも
大好評。LEE読者と
クルマの近しい関係

LEE LEEweb イベント
LEE

インフルエンサーマーケティングで
フォロワー約20万人に届いた
KINCHO「虫よけ カオリング」

LEE編集部 インフルエンサーマーケティング インフルエンサー・読者組織

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。