BAILA公式TikTok
スタート! タイアップ
ブーストメニューも

TikTokは今、 “10代のダンス“というイメージから脱却し、20代、30代のユーザーが増え始めています。SNS施策を練る中で、そのTikTokから30代のユーザーのファッション、ビューティのコンテンツを増やしたいというお話をいただきました。

「動画のトレンドはTikTokの出現で『短尺』『選曲のセンス』といった方向にシフトしており、メディアとして参入するなら早く知見をため、活用していくことこそが重要であるという湯田編集長の方針もあって、昨年末BAILA公式TikTokをスタート。毎日1~2回の投稿をしています。

BAILAは『ファッション、美容、グルメ』『ライブ感』『(“可愛い”だけでなく)役に立つコンテンツ』の3つを主な軸にしています。TikTokは30代ユーザーにとっては、自分にフィットする情報・エンタメであり、個人アカウントとは違った価値があると認識していると思います」(バイラ高井副編集長)

先日はシャネルと『約束のネバーランド』の作家陣がコラボした展覧会『ミロワール』を取材し、公式TikTokにアップしました、映画『約束のネバーランド』の主題歌にのせて動画を展開し、さまざまな動画の効果を使って多くのユーザーの興味を引くことができました。

他にも、いろいろなブランドにご協力いただき、コンテンツを作成して配信しました。

「ディーゼル、アルマーニ、ゲラン、トーフェイスド、NARSの各ブランドに製品提供していただき、バレンタインのライブ配信を行いました。まだTikTokに参入されていないブランドさんも多いので、まずは新しいプラットフォームで自社製品を紹介する、という試みそのものにご興味を持っていただけました。

ライブ配信時は価格やスペックを知りたがるコメントも多く、別途、商品ご紹介の記事も@BAILAで作成して公開していたので、詳しく知りたいユーザーはじっくりチェックもできたようです。TikTok側からも、視聴者数などとてもよい結果だったと聞いております」(同)

先述したようにTikTokの利用者は20代以上は増加傾向にあります。10代は主に投稿を、20代より上の層は視聴メインで利用をしているそう。

「そんな中、BAILAのメインユーザーは20代以上がメインなので、20代前半からバイラ世代(30代)のユーザーまで囲い込めていると言えます。最近は10万再生超えのコンテンツも複数あり、きちんとユーザーに届いています。@BAILAで人気のユニクロ、GUはTikTokでも再生数は好調。BAILAらしいファッション小物紹介、ファッションテクニックも人気です」(@BAILAプロデューサー花岡)

コンテンツを増やし、配信頻度を上げるべく、スタート時よりBAILAの読者インフルエンサー「スーパーバイラーズ」の中からTikTok選抜チームを結成。

「予想より希望者が多く、個人アカウントでの動画配信なども参考にして10名にしぼりました。バイラーズは、TikTokに出るだけのゲストではなく、『出役』兼『作り手』として活躍してくれています。編集部と『TikTok選抜』チームが一丸となって運用しています。

メンバーは仕事のキャリアもあり、どういったコンテンツがウケるかも戦略的に考えることができ、新しいことにもトライしてくれます。フィードバックも定期的にしていますが、勉強熱心なので、動画制作のスキルもどんどん上がっています!」(高井)

今期の媒体資料には新メニューとして、外部誘導・拡散メニューも掲載しました。今後も編集部ではTikTokでのコンテンツ配信を積極的に行います。20代、30代への商品PR、情報拡散にぜひ、ご活用ください。

BAILA公式TikTokはこちら>
BAILAデジタル媒体資料はこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!