注目度アップ!
少女・女性マンガ誌の
媒体資料をリリース

こちらのメルマガでも、『ONE PIECE』コミックス100巻発売記念のタブロイド発行や『集英社マンガソリューションズ』の発足など、マンガコンテンツに関わるトピックを紹介する機会が増えてきました。広告事例に関しては少年・男性マンガ誌のものが中心になっていましたが、最近は少女・女性マンガ誌も注目度が上がっており、とくにコミックアプリ『マンガMee』のDL数は1000万を超えるなど絶好調が続いています。

そのような状況を受け、『りぼん』『別冊マーガレット』『マーガレット』『ザ マーガレット』『クッキー』『ココハナ』『マンガMee』の情報を要約し、『集英社少女・女性マンガ誌媒体資料』としてリリースしました。 

中に記されているのは基礎情報として読者層や現在の連載作品から、タイアップ施策としてできること、その際に組みやすい作品まで。媒体ごとに同じフォーマットで、わかりやすくまとめられています。

「これまで『マンガ誌でどんなことができるのか』『料金はどのくらいになるのか』ということが伝えられておらず、マンガ誌で広告展開をする際のネックになっていました。今回、媒体資料という形で公開することで、料金の目安、実施までのスケジュール感がすぐにわかるようになりました。これは大きなメリットの一つだと考えています」(広告部担当者)

同時期に2つの特別な広告メニューもリリースしました。『りぼん本誌プレイスメント大作戦』と『別冊マーガレット×non-no 描き下ろしオリジナルキャラ純広コラボ企画』です

“プレイスメント”とは作品内に作家任意のタイミングで商材を描き、登場させること。

「プレイスメントの効果は、読者に物語の中で商品を“自然に意識させること”だと思います。りぼん作品の舞台は中学や高校など、読者の実年齢より少し上の場合が多いです。その理由は、読者がりぼん作品の登場人物や世界に憧れを抱いているから。そんな作品の中に出てくる商品に対しても、りぼん読者は親近感と憧れをもって接してくれます。今回リリースしたメニューではプレイスメントに加えて、記事タイアップとプレゼントページでのお取り上げがパッケージになっています。作品の中で自然に意識⇒記事タイアップでしっかり読んでもらい、プレゼントでほしい気持ちを醸成する、この一連の流れで、広告効果が期待できます」(同)

2つ目のノンノと別冊マーガレットという読者層が近い2誌をピックアップしたスペシャルコラボ企画も注目です。

「non-no単独、別冊マーガレット単独ではリーチしきれない幅広い層にアプローチできるだけではなく、描き下ろしイラストを用いたビジュアルは、ファッション誌・マンガ誌の両方においてインパクトが大きいと思います。さらにnon-noでしっかりと製品ページを作成することで、

インパクトだけでない商品の内容訴求までしていただくことができるのは、ファッション誌×マンガ誌企画の大きなメリットです」

こちらをベースに「こんなことはできないか?」「この作品は活用できるのか?」といったご相談にも応じますので、ぜひ広告メニューもご確認ください。

少女・女性マンガ広告メニューのご案内はこちら>
集英社少女・女性マンガ誌媒体資料はこちら>

ニュース一覧に戻る

メルマガ登録

最新媒体事例を毎月2回メールでお届け!