家電のデザインをJK仕様に!?
セブンティーンが
ヘアアイロンなど商品開発

セブンティーン編集部とドン・キホーテ様とのコラボでヘアツールの商品開発を行い、計3回にわたって、誌面でもその商品を紹介しました。

「今回のコラボは、商品の形状についてはすでに決定されていましたので、色とパッケージをセブンティーン編集部より提案させていただきました。ヘアアイロンはメタリックや黒のヘア家電が市場に多いため、女子高生が『カワイイから持ち歩きたい!』と思えるスイーツのようなマカロンカラーを提案しました。若い世代にオシャレな色合わせとして人気のある“パープル×グリーン”を中心に相性のいいピンクを入れた3色を使って10種、色を決めていきました」(セブンティーン北村編集主任)

また、性能面でも女子高生のリアルな声を反映しています。商品開発にあたり、アンケートで声を集めることが容易なのもセブンティーンの強みです。

「今回ヘアツールをつくる際に、読者にアンケートを実施したところ、コテなどのヘアツールを選ぶ際に重視することは『髪にやさしい』という項目が圧倒的に1位でした。そのため、機能においては温度を低めに設定できるよう依頼しました。初めてヘアアイロンを購入する子を想定して、安全面にも配慮したという理由もあります」(同)

さらに、誌面でも読者が思わずほしくなるよう、見せ方や構成も工夫しました。

「クライアント様が誌面写真のなかから流用で店頭POPを使用することを希望されていたので、現在高校3年生でとてもファンが多い、人気上昇中の秋田汐梨さんをキャスティングいたしました。また、複数名のモデルを起用して華やかな誌面にしたいとのことで、ヘアアイロンデビュー世代、中学3年生の瀬戸琴楓さん、高1の大友樹乃さんに出演してもらいました。3号にわたっての誌面展開だったので、短期集中連載という体裁に。コラボアイテムを使った簡単なヘアアレンジを紹介して、読み物としても楽しく、役に立つページを意識しました」(同)

セブンティーン編集部は、ティーンが「カワイイ」と思う感覚を徹底的に理解しています。ファッションやコスメはもちろんのこと、お菓子やステーショナリー、自転車、アーティストの衣装監修、イベントプロデュースなど、女子高生の生活に関わることはすべて、プロデュース可能です。ハードからソフトまで幅広く対応させていただきますので、気軽にお問い合わせください。

セブンティーンの媒体資料、ほか最新情報はこちら>>

■こちらの記事もおすすめ>>
年3回の好評タイアップ女子高生の圧倒的支持を得るセブンティーンの誌面作り

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

Seventeen

年3回の好評タイアップ
女子高生の圧倒的支持を得る
セブンティーンの誌面作り

Seventeen ST MODELS タイアップ事例
Seventeen

大人気“りんくま”と
CANMAKE が合体!
ST本誌と動画の連動企画

Seventeen ST MODELS タイアップ事例
Seventeen

4種のサンプル付録大好評。
2号連続掲載でインパクトが
増大。コパトーンのTU記事

Seventeen ST MODELS 特別付録

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。