エクラ長内編集長が
日本橋 三越のトークショーに登場!
「ジュエリー適齢期」を語る

去る12月19日、日本橋三越本店の「ジュエリーギャラリー」で行われた「GEM PARTY」にて、エクラ長内編集長が、三越伊勢丹宝飾マーチャンダイザー菅 百代(かん ももよ)様とのトークショーに登壇させていただきました。

かつての宝飾フロアだった「ジュエリーギャラリー」は、「世界最高のおもてなし百貨店」を目指してリモデルを進め、昨年11月27日にオープン。まるで美術館でアートを楽しむように、ハイジュエリーを身近に楽しむことができる空間になりました。Web eclatでも、そのトピックを紹介しました。

エクラの表紙ボードも登場

当日、菅様はバイヤーの視点で、ジュエリーの魅力を語り、一方の長内編集長はファッション誌の編集者の立場から、エクラ世代の「ジュエリー適齢期」について、大人にとってのハイジュエリーの選び方などをお話しいたしました。

「エクラ世代は、女性が人生でジュエリーを楽しむ第2フェーズに入りました。デザインの美しさもさることながら、“宝石”が持つ本来の価値や、世界にひとつといった価値を楽しめる世代です。それがジュエリー適齢期であり、『私を輝かせてくれるジュエリー』を選び、それが似合う世代になったということです」

また、「ジュエリーには主役づけと脇役づけがある」という話では、日常づけへの提案など、大変役に立つトークショーになっていたようです。

「今日はピンクダイヤのネックレスをつけさせていただくので、黒のシンプルなトップスにしてネックレスを“主役づけ”にいたしました。例えば、ゴールデンパールはエクラ世代に人気ですが、主役にもなるし、質のいいカシミアニットなどにも合わせられます。ダイヤのブレスレットも“脇役づけ”で素敵なつけこなしになるんです」(同)

当日参加した華組メンバーもイベントの興奮の様子をWebエクラのブログに上げています。ぜひご覧ください。

華組 朝生育代さん ブログより

長内編集長のトーク力には定評があり、リアルの場にも積極的に登場して、メッセージを発信しています。

「誰かの言葉や出会いが人生や感性を変えてしまうことがあります。私は誌面だけでなく、直接お会いする機会があれば、雑誌の裏にある考え方や思いをお伝えしたい。同時に、その場にいるみなさんの反応は私の刺激にもなります。その場の一体感は素晴らしいし、それを誌面にもフィードバックできます。これからもリアルの場でお話しできる機会があれば、どんどん出てお話ししたいと思います」

エクラでは、4月号から女優の板谷由夏さん、スタイリストの伊藤美佐希さんのジュエリー連載が始まります。また、6月号、8月号、12月号ではジュエリー&ウォッチ特集を予定しています。

「ジュエリー適齢期の読者に向けて、エクラが得意とする『ものの美しさと日常づかい』を提案していきます。ファッションと連動し、自分を輝かせるジュエリーのつけこなし企画などは、やはりファッション誌の醍醐味。ぜひご期待ください」

エクラの媒体資料 、ターゲット層の真実2020、ほか最新情報はこちら>

■こちらの記事もおすすめ
「エクラ売れ」って何? 今のアラフィーマーケット

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

eclat

ステイホームとECは好相性。
エクラ読者が 思わずクリックする
人気連載の工夫とこだわり

éclat Web éclat タイアップ事例
eclat

WEBコラム「eclat五選」
との連動で、スキャパの
タイアップ記事がPV10万超え!

éclat Web éclat タイアップ事例
eclat

快適で美しい足元を演出!
エクラ世代のハートをつかんだ
4号にわたるタイアップ

éclat Web éclat 生方ななえ

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。