滞在時間1分超!UGGの
ブーツをサイト上でより
魅力的に見せる工夫とは?

@BAILAで昨年UGGのタイアップ記事が公開になりました。平均滞在時間1分超えと長く、他のファッションタイアップと比較しても、かなりの好結果となりました。

「今回、UGGの主力商品である『シープスキンブーツ』に新作のウルトラミニ丈が登場し、そのニュース性や、ミニ丈ならではのメリットなどをアピールしてほしいとオリエンでリクエストをいただきました。ファッション感度の高いバイラユーザーに訴求できるように、旬のコーディネートに合わせた提案をしてほしいとのことでしたので、人気モデルの松島花さんをキャスティングし、コーディネート提案で展開しました」(バイラ内海編集主任)

その結果、平均滞在時間は65秒、PVは約15万、UUも5万弱とかなりの好成績に。また、WEB記事であることや読者の興味を意識して、見せ方やタイトルにこだわったことも当たった要因のひとつであると考えています。

「WEBの記事を読んでもらうにはコツがあります。今回は『定番のUGGを大人がお洒落にはくための方法』という方向性を採用しました。本誌のタイアップではブランドの大枠のイメージや世界観を見せるような作りにすることが多いのですが、WEBではもっとシンプルで“誰もが読みたくなるような内容”がヒットすると考えています。

UGGはバイラ読者をはじめとする30代ならきっと一足は持っているのではないかという有名なブランドです。一方で、『よく知っているUGGだけど、おしゃれにはく方法がイマイチわからない』という読者も少なくないため、テーマをシンプルに設定しました。それが功を奏し、こちらのメッセージが伝わりやすかったと思います。

写真はすべて全身で、コーディネートがよくわかるような構図に。『みんなが知っているUGG』なので靴の寄り写真はいれず、潔く5カットすべて全身コーデにしました。また、靴のボリューム感を気にしている読者も多いようなので、靴だけ大きく見えないよう、すっきり見える角度やポーズを重視しました」(同)

これまでの編集作業の知見が活かされ、またバイラらしいコーデの見せ方で、ウルトラミニ丈のブーツを格段に魅力的に見せることに成功しました。

そして、記事途中にも公式サイトへの誘導ボタンを設置するなど、サイト上でのデザイン面でも@BAILAチームの知見が活かされています。

「@BAILAはファッション小物(シューズやバッグ)コンテンツが人気コンテンツのひとつですが、今回はクレジットにはすべてテキストリンクを、また、ボタンは記事の真ん中、下部の2箇所に設置しました。クライアント様サイトへの導線を増やすことでユーザーの購入アクションの増やし、送客できるような仕組みを心がけました」(@BAILA花岡プロデューサー)

さらに、今回バイラーズとUGGのプレスルームにお邪魔し、商品レビューをするインスタライブも実施。反響も高く、クライアント様にも大変高評価をいただきました。バイラでは本誌やWEBとのタイアップに合わせ、インスタライブなどの多彩な広告メニューを揃えていますので、ぜひご相談ください。

バイラ媒体資料、ほか最新情報はこちら>

■こちらの記事もおすすめ>
2021年はBAILA20周年イヤー。今年のバイラの心意気

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

BAILA

インスタライブで「リアル」
を伝える! ファッション
好きに刺さるコンテンツ作り

BAILA インフルエンサー・読者組織 タイアップ事例
BAILA

表紙クオリティのサムネイルで
ユーザーの心を鷲づかみ!
大反響のジュエリーTU

BAILA タイアップ事例 @BAILA
BAILA

専門誌に負けない!
読者もクライアントも 大満足、
バイラの美容ページ

BAILA タイアップ事例 ビューティ

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。