「ラグビーといえばリポビタンD」を
メンズノンノ読者ほか
“にわかファン”層にどう伝えたか

日本中が熱狂し、テレビでも高視聴率を記録したラグビーワールドカップ2019™ 日本大会。メンズノンノ11月号では、ラグビー×リポビタンD(大正製薬様)のタイアップを実施。さらに「にわかラグビーファン」のためのWebマガジン『楕円球LOVE!』にも掲載し、多くのラグビーファンにリーチすることができました。

「実は、『ラグビーといえばリポビタンD』というイメージは、熱心なラグビーファンの間では十分に認知されています。今回の課題はワールドカップの盛り上がりを機に“にわかファン”になった人々にどう伝え、認知してもらえるかでした。そこで、初めてラグビーに触れる読者が多いだろうという想定から、『スタジアムに行こう!』という提案ではなく、『おうちで』楽しむことを前提に誌面構成をしました」(メンズノンノ丸山副編集長)

モデルにはメンズノンノモデルの遠藤史也さん、ノンノモデルの貴島明日香さんをメインに起用し、インパクトのあるビジュアルになっています。スタイリングにも編集部のこだわりが。

「夏はビーチや花火大会、秋はハロウィン、冬はクリスマスと、イベント性のあるものが大好きな読者に向けて、“ボーダーをおそろいで着て応援する”というような『イベント的な楽しみ方』を提案しています。これも、熱心なファンというよりライトユーザー、いわゆる“にわかファン”向けのアプローチです。

今回の事例のような、メンズノンノモデル×ノンノモデル、またはメンズノンノモデル×モアモデルといったペアリングでのタイアップは、ほかにも多くご発注いただいています。メンズノンノ専属モデルには俳優として活躍する人気者が多く、ノンノモデル、モアモデルも同様。こういったキャスティング力は集英社ならではの強みで、ファッション、ビューティ、ジュエリー、時計、飲料……といった多ジャンルで幅広く展開できる可能性を感じています」(同)

メンズノンノでは、パラアスリートを毎号1人ずつインタビューする連載ページが進行中のほか、今後もスポーツコンテンツに注力していきます。

「2020年の年始に発売されるメンズノンノ2月号では、メンズノンノ世代の話題のアスリートを巻頭で取り上げる予定です。そのほかアスリート×ファッションというメンズノンノならではの切り口でスポーツ選手にクローズアップしていきたいと思います」(同)

2020年の東京オリンピック・パラリンピックはこのワールドカップ以上の盛り上がりが予想されます。メンズノンノをはじめ、ファッション誌でもスポーツコンテンツに力を入れていきます。今後の展開に注目してください。

メンズノンノ媒体資料ほか メンズノンノの最新情報はこちら>

メンズノンノターゲット層の真実はこちら>

■こちらもおすすめ 
青山にメンズノンノカフェ登場!サンプリングメニューをリリース

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

MEN'S NON-NO

有料トークショーも開催!
外苑前で期間限定イベント
「メンズノンノカフェ」報告

MEN'S NON-NO MEN'S NON-NOモデル イベント
MEN'S NON-NO

メンズノンノ美容イベントが盛況。男子モデルの実情は?

Instagram MEN'S NON-NO MEN'S NON-NO BEAUTY
MEN'S NON-NO

男性化粧品のPRはメンズノンノにおまかせください

MEN'S NON-NO MEN'S NON-NO BEAUTY MEN'S NON-NO WEB

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。