JKのインサイトはおまかせ アプリの「ルーム」機能!

「STモデルをあんな近くに見られるとは思わなかった。(学園祭は)神イベントだと思う」
「どうしようっ。余韻が収まらん! ほんと楽しかったです」
「来年は(学園祭に)行きたい! ライブ配信見て、本当に行きたいと思った!」
(ルーム 学園祭の思い出を語ろー 後夜祭トークより抜粋)

Seventeen夏の学園祭2018でのルーム画面

セブンティーンが届ける、トレンド情報発信アプリ『ST channel』。ローンチから2年以上が経ち、現在41万ダウンロードを超え、毎日5,000以上のユーザーコメントが飛び交っています。MAU(月間アクティブユーザー)は8万超え、スクリーンビュ―数は23万を超えるまでに成長しました。また、アプリという特性上、ターゲットがセグメントされるため、ロイヤリティーの高いユーザーが多数訪問し、さらにセッション時間も長いので、ユーザーだけでなく広告主の方からも高い評価をいただいております。

その『ST channel』の新機能を活用した広告「ルーム メニュー」が、昨年末正式にリリースされました。
「ルーム」とは、運営側が設定するお題に対して、ユーザーがコメント、画像の投稿、“いいね”ができるコミュニティ機能です。ユーザー自身が気になるテーマについて、他のユーザーとつながりながらシェアできる、情報交換の場でもあります。冒頭のように、実際、昨年の学園祭では「前夜祭トーク」「学園祭実況トーク」「後夜祭トーク」という場を設けて、メッセージが多数行き来しました。

他にもルームはオープン/クロ―ズ開催の選択ができるので、モデレーターが適宜質問を投げかけて場を仕切り、参加ユーザーの意見を引き出していくような取り組みも行っています。タイアップなどで、マーケット調査にも向いています。

過去の実施例を一部ご紹介します。

 

■ニベア花王様 (参加人数679名、コメント数668件 ※)

『汗に関して、どんな悩みを持っていますか?』『スプレータイプの制汗剤を使っていますか?』といった質問を投げかけ、650名以上が参加し、コメントを書きこんでくれました。(※数値はいずれも広告資料発表時点)
いまどきの女子高生ならではの“汗に関する悩み”や“制汗剤に対する意識”、製品に関するコメントなど、リアルな意見を把握することができました。

「ルームメニュー」は、タイアップと連動、または単独での実施も可能です。詳細は広告資料でご確認ください。

「女子高生は1学年違えば、関心事も違います。セグメント次第でいろいろな調査もできますし、ABテストもできます。可能性はいろいろ広がっていると思います」(セブンティーン鈴木編集長)
今年の「ご協賛のご案内」の継続発注特典では、この「ルーム」を1回実施可能となっております。ぜひ、この機会に詳細を確認していただき、活用をご検討ください。

 

「ルームメニュー」 広告資料 はこちら >

2019年Seventeen夏の学園祭 ご協賛のご案内 はこちら >

 

■こちらもおすすめ
【広告部ニュース】STチャンネル「コミュニティルーム メニュー」を発表! >

事例紹介一覧に戻る

この事例と合わせておすすめ

Seventeen

速報、ST夏の学園祭2019
人気モデル登場の協賛ステージに
会場のJKたちは大歓声!

Seventeen Seventeen学園祭 ST MODELS
Seventeen

約9割が動画を見て、サントリー
烏龍茶を飲みたくなったと回答。
ブランドリフト調査で好結果に

Seventeen ST channel ST MODELS
Seventeen

きせかえキーボードアプリ「Simeji」と
期間限定でコラボなど
ST channelが進化中です

Seventeen ST channel ST MODELS

お問い合わせ

この事例にご興味のある方は、
下記までお問い合わせください。